くすりのききめと量

くすりは人により又年齢・性別・病状によって、適当な量があります。

普通薬用量を増やしてもなかなか中毒量や致死量に達しないので、有効量の幅が広く安全性の高い薬です。
医薬品の中で作用の激しいものを毒薬あるいは、劇薬と呼びます。